夜勤パートの面接で気をつけるべき身だしなみのポイント

NEW TOPICS

夜勤パートのススメ

面接では身だしなみに気を付けよう

面接では身だしなみに気を付けよう

実際に夜勤パートとして働くためには面接を通り採用される必要があります。面接というとき、しっかりと受け答えをすることももちろん大切ですが、外見でどのような印象を与えるのかも同じくらいに重要なことです。そこで、夜勤パートとして面接を受けるときに気をつけたい身だしなみについて説明していきます。

LINEで送る

服装に迷ったときはスーツで

面接のとき、困ってしまうのは服装でしょう。特に常勤として働く正職員の面接であれば迷わずスーツとなるかもしれませんが、夜勤パートやアルバイトなどでの面接となると少し迷ってしまうかもしれませんね。
しかし、夜勤パートでも看護師の仕事であるのに違いはありませんから、やる気や真面目さを伝えるためにも黒やベージュでまとめたスーツで行くのが無難でしょう。ラフな服装でマイナスになることはありますがスーツで印象が悪くなることはありません。中に着ていくシャツは白、もしくは薄めの水色やピンクといった派手ではない色のものを選ぶのが正解です。極力胸元が強調されないものを選ぶのがポイントです。靴はスーツの色と合わせるのが無難ですが、ローヒールの形状のものを選ぶようにしましょう。面接前に綺麗にしておくのも忘れないようにしてくださいね。

清潔感の感じられるものに

服装だけではなく髪型や爪といった部分も見られるポイントですから注意してくださいね。まず髪型についてですが、まず明るすぎるカラーリングの人は落ち着いた色にしておくほうが良いでしょう。
また、清潔感を与えられるように髪が長い人は束ねた形にしていくのが良いでしょう。束ねるのが難しいのであれば耳にかけるなどして顔や耳を出すようにしてください。それほどの長さではないという人も前髪でおでこが隠れてしまわないよう、ピンで留めて爽やかな雰囲気にすると印象が良くなります。
次に爪についてですが派手なネイルやマニキュアは落とし、綺麗な状態にしておきましょう。派手な髪型や爪の装飾は人によってかなりネガティブなイメージを持つ人がいます。化粧についても清潔感のあるナチュラルメイクに留めておくのが賢明です。

マイナスになる身だしなみとは

最後にNGとなる身だしなみについても簡単に触れておきます。まず服装についてですがシャツは柄物を避けましょう。靴もミュール、ブーツ、ハイヒール、スニーカーなどラフなイメージのものはマイナスになります。
また、ピアスやイヤリング、指輪などをしている人も多いかと思いますが、結婚指輪以外の装飾品は身につけないほうが賢明です。化粧についても上で触れたとおり落ち着いたメイクで済ませるようにし、グロスなどは使わないようにしましょう。