夜勤パートの仕事を勝ち取れる履歴書の書き方

NEW TOPICS

夜勤パートのススメ

成功に繋がる履歴書の書き方

成功に繋がる履歴書の書き方

これを読んでいる人の中には、たかが履歴書と思っている人もいるかもしれません。しかし、給与の高さもあり夜勤パートの看護師として働くことを考えている人が増加しており競争も厳しくなってきていますから、履歴書一つにしても厳しく見られる傾向があります。そこで採用に繋がる履歴書を書くためのポイントを紹介していきます。

LINEで送る

時間をかけて真面目に

当たり前のことですが一つ目のポイントは時間をかけて真剣に履歴書を書くということです。言われるまでもないことと思う人も多いでしょうが、その一方でパートやアルバイトだからといって手抜きした履歴書の書き方をする人も少なくないのです。
一番多く見られるのが履歴書に貼る写真の失敗です。スナップ写真やプリクラを使うのももちろんダメですが、ずっと前に撮った写真を使うのもおすすめできません。応募用に新しく写真を撮る方が良いでしょう。また誤字・脱字をしたときには潔く書き直すようにしましょう。修正液を使ってしまうと見る人からのイメージは悪くなってしまいます。

やる気や魅力を伝える

履歴書で大きく差がつくのは志望動機や自己PRといった自分の言葉で考えながら書く項目です。テンプレートをそのまま流用したかのような内容では他の応募者に差を付けられません。
まず志望動機ではなぜその仕事に興味を持ったのか、ということを自分の言葉でしっかりとまとめることが大切です。こうした点を踏まえてちゃんと志望動機を書けていると相手にもあなたのやる気が伝わっていくものです。
自己PRではあなたのこれまでの経験、長所などに触れながら魅力を伝えていくようにしてください。特にあなたのこれまでの経験や実績などキャリアを含んだ内容を加えると文章に強い説得力が生まれますので是非参考にしてください。

自分の希望をしっかりと

勤務するうえでのあなたの希望や要望をしっかりと書くことも忘れてはいけません。特に勤務日数、また勤務できる時間などは採用する側が重要視する部分ですからきちんと伝えるようにしましょう。もちろん急な用事ができることもあるでしょうから完璧にというわけにはいきませんが普段のスケジュールを振り返り出勤できる曜日や時間帯を考えながら書くのが良いでしょう。
そうすれば、いざ働くとなったときもお互いにスケジュール調整が楽になります。夜勤パートとして採用されるためには対応可能な時間を多く伝える方が有利になるかもしれませんが、そのために嘘をついてしまうと後々トラブルに繋がります。あくまでも正直に伝えるのが前提です。